女性の転職を成功させるために

BLOG PARTS

女性の転職、面接対策で成功をおさめよう

転職をしたい女性は、必ず面接という関門をくぐり抜けないといけなくなります。一般的に女性の方が面接が上手とは言われていますが、決まっている採用枠を巡って女性同士で競い合うことになるわけですから油断は禁物です。転職の面接に挑む前に、必ず面接の対策をしっかりとしておきましょう。面接の対策として大切なのは、面接での質問を前もって推測し、回答をあらかじめ考えておくことです。転職の面接の場合、よく聞かれる質問はパターン化しているので、事前の対策をきちんとしておけば出来栄えにもかなり差が表れます。

ただ、回答の丸暗記はいけませんから注意しましょう。回答の概要や方針を決めておくぐらいが、ちょうどいいです。

頻出の問掛けとしてはまず、「辞めた理由は何か」というのがあります。女性の場合、会社内の人間関係が原因というケースがほとんどでしょう。ただ、その場合にストレートに、「人間関係に不安を感じて辞めました」と回答するのはやめましょう。

転職の面接で第一に必要とされているのは前向きな姿勢です。人間関係が問題だったとしても、前の職場を悪く言うのではなく、「より緊密に連携をとりながら仕事をやってみたいと思い辞めました」、「チームとして問題を解決する仕事がしたいと思い辞めました」と答えるのがいいでしょう。

また、女性の場合、仕事を長く続けてくれるかどうかなどのチェックをするような質問もよくされます。例をあげれば、入社後何がしたいか聞かれたり、キャリアプランを質問されたりします。

そういった質問に自然に答えられるように、事前にその会社について深く研究をしておくのが肝要です。その会社で活躍している女性がいらっしゃれば、その女性のキャリアについて調べておくのも有効な対策となります。

また、女性の場合は残業が多いのかどうか、育児休暇はどうなのかを気にするあまり、面接の最後で質問する方が多いようですが、働く意欲が不足していると捉えられかねませんし回避したほうがいいでしょう。それらのことは面接で聞くより、前もって口コミ情報などを活かして、こっそり探っておくのが賢いです。